老人性イボを自宅で治す方法|艶つや習慣・オールインワンジェル

老人性イボは自宅でこっそり治したい!

40代になって、急に老人性イボが顔・目もと、首などにできて悩んでませんか?
誰にも知られずに、自宅で老人性イボを治したいけど、どうしたらいいのかしら?

 

老人性イボでこんな悩み抱えてませんか?

 

40代になって、首元や目元に老人性イボができるようになってませんか?
想像してみてください。このまま放っておくと、あなたは老人性イボだらけで、見た目も老人そのものに…

 

いやー

 

老人性イボは、脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)、老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)、ともよばれ、加齢によってできるイボのことです。年寄りイボともよばれ、人によっては20代から老人性イボができます。

 

老人性イボ(年寄りイボ)は老化現象です。

 

角質粒が進行して老人性イボとなりますが、元は同じ人間の皮膚からできます。
角質は肌の老廃物が蓄積され、それが進行してシミになったり角質粒になります。

 

通常はポツリと盛り上がった角質粒は小さな膨らみが点在している状態が多いです。
このままの状態が続くとスキンタッグのような老人性イボになっていきます。

 

ザラザラとした角質が気になる場合、放っておくとシミや老人性イボに変わっていくかも知れません。

 

毎日のスキンケアによって、老人性イボはある程度予防できるといわれています。

 

 

 

自宅で老人性イボを治したい、治療後の再発が怖いので毎日ケアしたい。
そんな悩みをお持ちの方には、「艶つや習慣」というオールインワンジェルがオススメです。
杏エキスとはとむぎエキスが、老人性イボへ直接効き痛みも無く根元からポロリととれます。

 

オールインワンジェルだから、角質ケアもできて安心。
また、全ての年代の方に効果があるのでウレシイ。

 

 

 

老人性イボは全身どこにでもできる

老人性イボは顔や頭、首元など全身どこにでもできます。
紫外線も原因の一つと考えられており、日光が当たる顔などに老人性イボができやすいのです。

 

老人性イボの色は、褐色や黒くなったり、肌色のままだったり様々です。
また老人性イボの形は、平らなままだったり、隆起して目立つイボ状などいろいろあります。
イボなので見た目は良くありませんが、老人性イボは良性なので気にしないのであれば、特に除去(取る)の必要性は無いと言われてます。

 

でもね…老人性イボは老化現象なんです!

 

もう一度、老人性イボは老化現象なんです!

 

全身にできる老人性イボは、全身の皮膚が老化しているということなんです。

老人性イボができやすい年齢

老人性イボができやすい年齢ってあるのでしょうか?

 

若い頃は無かったはずの首に、気が付いたときにイボができていたってことありますよね。
これは首イボとよばれますが、老人性イボと同じです。
実はこの首イボはできやすい年齢があり、30代(アラサー)になるとできやすくなります。

 

30代以降は、放っておくとどんどん老化のスピードがアップし、適切に対処しないと老人性イボはどんどん増えていきます。
老人性イボは30代に入った頃に多くみられるようになりますが、一番多いのは更年期を迎えたくらいに多くみられます。

 

なぜ更年期の女性に老人性イボができやすくなるのかというと、女性ホルモンの分泌状況が若い頃とは変わってしまうからです。
更年期に、首イボや顔イボなど老人性イボができやすく、様々な体調不良にも悩みが増えます。

老人性イボができやすい場所

老人性イボは、顔や首だけではなくいろいろな部分にできます。
ほかに、どんな部分に老人性イボができるのでしょうか。

 

・顔(目もと)
・首元(うなじ)
・胸元(デコルテ)
・脇まわり
・お腹周り
・太ももの付け根

 

 

・顔(目もと)
顔や目もとに老人性イボができやすいのは、紫外線をいちばん多く浴びやすいからだと言われています。
常に外部に晒され、乾燥しやすく肌にとって厳しい環境だからです。

 

・首元(うなじ)
首元やうなじは露出しており、汗をかきやすく紫外線も浴びるので、老人性イボができやすい場所です。

 

・胸元(デコルテ)
デコルテなど胸元は露出していることが多く、汗もたくさん掻きます。
下着や服で擦れることも多いため、老人性イボができやすく、できるといちばん目立つ部分です。

 

・ワキまわり
ワキまわりは通気性が悪くムレやすい部分です。また、キャミソールなど下着が一番擦れる部分で、老人性イボにとってできやすい部分です。

 

・お腹周り
お腹周りも老人性イボができやすいのです。
荷物を持ったときや腕を振って歩くと想像以上に擦れやすい部分です。

 

・太ももの付け根
ふとももの付け根部分は擦れやすく、老人性イボができやすい部分です。
ふとももの付け根は、鼠径部(そけいぶ)とよばれ、リンパの通り道があります。
リンパ液がドロドロだったり、水分が不足してると老廃物が溜まりやすく、老人性イボができやすいのです。

老人性イボの種類と特徴

老人性イボはいくつか種類があり、特徴も違います。

 

・アクロコルドン
・スキンタッグ
・尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

 

・アクロコルドン
アクロコルドンは老人性イボの一種で、主に首や胸元にできるイボです。
皮膚が柔らかい場所にできやすく、腋や鼠径部にもできます。
イボ自体は柔らかく、色が肌色で2ミリ〜3ミリ程度の小さな老人性イボです。
加齢とともにできやすく、女性や肥満のに多く発症しだんだんと増えていきます。

 

 

・スキンタッグ
老人性イボの一種といわれるスキンタッグは、小さい良性の腫瘍で加齢によって発生します。
スキンタッグは汗をかく場所に多くできやすく、とくに顔や首まわり、手や腕、背中にできます。
スキンタッグは、肌色・茶色・黒っぽく見えるものまで様々あります。
黒っぽいスキンタッグはホクロと似ており間違えやすいと言われています。

 

・尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)
老人性イボの代表的なイボが尋常性疣贅で、手の指や足など擦れやすい部分に多くできます。尋常性疣贅は硬く皮膚が白っぽくなり突起状のイボで、ヒトパローマウィルスというウイルス感染が原因で発症します。感染するイボなので、注意が必要です。

 

 

また、老人性イボに似たイボ状のブツブツがいくつかあります。

 

・老人性面皰
・日光角化症
・基底細胞癌
・悪性黒色腫

 

老人性面皰
老人性面皰は老人ニキビともよばれ炎症を起こす前段階のニキビで、高齢者にできやすいのが特徴です。痛みやかゆみはなく悪性でもないため、治療は特に必要ありません。

 

日光角化症
毎日にように日光の紫外線を浴びることにより発症する皮膚の腫瘍です。
皮膚ガンに移行する可能性がありますが、ガンへの移行率は低いといわれています。

 

基底細胞癌
基底細胞癌は皮膚ガンの一種ですが、転移の可能性は低いといわれており、悪性度も低い腫瘍です。

 

悪性黒色腫
悪性黒色腫は紫外線を浴びることが原因で発症し、5年生存率は10%以下の非常に危険な腫瘍です。発症は、5万人に1人と非常にまれですが、素人目には判断ができませんので皮膚科などの専門医に診てもらいましょう。

老人性イボの治療法

老人性イボを取る方法は、大きく2つあります。

 

・自宅(自分)で取る
・病院で治療する

 

老人性イボを自分で取る場合も幾つか方法があります。

 

・老人性イボ患部へ直接薬など塗る
・老人性イボに有効な天然成分を塗る(薬剤ではない)
・イボ除去に有効な成分を摂取する(イボを柔らかくする)

 

アプリコットカーネルオイルやヨクイニンを塗布すると、老人性イボが取れやすくなると言われています。

 

病院で老人性イボを取り除く場合、電気焼灼(電気メス)、レーザー療法、冷凍凝固療法などがあります。

 

老人性イボを早く取りたい場合は、電気焼灼(電気メス)や冷凍凝固療法などがあります。
広範囲に老人性イボがあって取り除くには、冷凍凝固療法が適しています。
多少時間はかかっても、しっかり確実に老人性イボを取りたい場合には、レーザー療法が適しています。

ガンかもしれない老人性イボ

老人性イボだから、まぁ仕方ないと思っていても、じつは前癌状態(ガンの一歩手前)であるイボかもしれないのです。
このイボは日光角化症(老人性角化症)とよばれ、見た目の区別がつきにくいため、病理検査をしないとガンかどうか分からないのです。

 

病理検査のために老人性イボを取る際は、通常の切除方法では細胞が死んでしまうため検査ができません。
そのため、皮膚切除術によってイボを取り除きます。

 

老人性イボは、見た目は単なるイボなのかガンのイボなのかは、素人目には判断できません。
よく自分で勝手に決め込んでしまう方がいますが、とても危険な行為です。
必ず、専門医に診てもらうことをオススメします。

 

 

クリニックにおける老人性イボの治療費

老人性イボの治療費は、イボの症状やクリニックの治療方法により様々です。
また、健康保険が適用される場合とされない場合もあります。

 

クリニックにおける老人性イボの一般的な相場
・医療用ハサミによる切除
 6,000円〜1万4,000円
・炭酸ガスレーザー
 4,000円〜1万円
・液体窒素療法
 6,000円〜8.000円

 

しかし、治療後は何もしなくても良いというわけではなく、再発防止のために毎日欠かさずスキンケアしなくてはなりません。
毎日のスキンケアの費用は、それぞれ使用するコスメの種類によって変わります。

 

いまオールインワンジェルタイプのスキンケアが人気!

老人性イボはオールインワンジェル取る(除去する)

老人性イボの治療法として、いくつかあることはご存じですよね。

 

・イボコロリなどの薬剤を使ってイボを除去する
・クリニックなどで除去(レーザーなど)

 

でも、どちらも根本的な治癒では無く、できた老人性イボを取るという対処療法です。
老人性イボを除去した後も、スキンケアをしないとイボが再発するリスクがあることを知っている人は少ないのです。

 

それならば・・・と、開発されたのが老人性イボ専用のオールインワンジェルです。
この老人性イボ専用オールインワンジェルは、イボに効く成分が配合されているだけでなく同時にスキンケアもできてしまいます。

 

まさに、一石二鳥の老人性イボ専用オールインワンジェルなんですね。
※ただしレーザー除去のようにすぐにイボの除去はできません。


カウンセラー PR7サイト集 RANKERS Page Rank KING Metro Link EARTH